ゴルフスイングの軌道とグリップ

ゴルフスイングの軌道は大別するとインサイド・アウト派とアウトサイド・イン派の2つになります

それでは、ゴルフスイングの軌道つまりゴルフスイング中のクラブヘッドの通り道の話題に入ります。

人それぞれに得意な持ち軌道というものがゴルフスイングにはあります、これは人間の体の働きと比較すれば右利きとサウスポーぐらいの大きな違いであり、持って生まれた性質のものと理解してください。

ゴルフスイング中のフェースの方向は変わりやすいものですが、軌道というのは、仮に本人がものすごく変えた気分になってでも、実際にはそれほど容易に変化するものではありません。

第一の軌道というのは、インサイド・アウト軌道です。これは、理想とするオンプレーンの軌道よりヘッドが下から入るタイプです。

第二にアウトサイド・イン軌道です。こちらのタイプはヘッドが上から来るタイプになります。

インサイド・アウトはドローボール(フックボールととらえても良い)が、アウトサイド・イン軌道はフェードボール(スライスボールととらえても良い)が、それぞれの得意な持ち球となります。

プロのコーチがツアープロを指導する場合は、その選手の癖を見抜き、なるべくストレートボールに近い球筋を打てる軌道になるように調整することが仕事のようです。

ストレート軌道に近づける効果としては、ドローもフェードもコントロールして打てるゴルフスイングを目指すことが可能になるというものです。

アマチュアゴルファーの場合は、メインになるのはその持ち軌道の程度を軽減して、曲かり幅を小さくすることを目的とした指導が中心になると言われています。

フェード系が持ち球のゴルファーがいきなりドローボールを打ちたいと言っても、なかなか思い通りに打てるものではありません。

これは、右利きの人にいきなりサウスポーで投げろと言うのに等しいかもしれません。そんな出来そうもない無茶なことをするより、持ち球の曲がり幅をできるだけ小さくすることでプレーの安定性を高めることを目指すべきでしょう。

たとえばツアープロの選手の中にも、自分の持ち軌道とは関係なしに、持ち球とは逆の球を打とうとしてゴルフスイング改造に取り組んでいるケースも少なくありません。

けれども、プロとはいえこれが上手くいかず、スランプに陥ってしまうケースまで見られます。

スイング軌道は持って生まれた癖と同じなのですから、いきなり逆の軌道にさせることは非常に難しいと観念しましょう。ツアープロのテクニックを持ってしても懸命に努力を積んでも、最低1年は平気で時間がかかるものです。